籾倉宏哉のプロフィール

こんにちは。ネクスゲート 籾倉でございます。
みなさま、いつも大変お世話になっております。

籾倉宏哉

このブログは、「ビジネスマッチング,見積依頼,見積比較ができるメディア ネクスゲート(Nexgate)」の運営と、マーケティングのフレームワーク構築を得意とした広告代理店事業を手掛ける株式会社ネクスゲート 籾倉宏哉の社長Blogです。プライベートで起こる話、僕の生き方に関する考え方も含めて執筆させて頂きます。少し不躾な内容もあるかもしれませんが、私の人となりを知って頂きたいという意思ですので、何卒ご容赦くださいませ。

【プロフィール】

籾倉宏哉(もみくら あつや)
株式会社ネクスゲート 代表取締役

大阪府富田林市出身。
同志社大学文学部文化学科心理学専攻(現心理学部)卒。

1995年、富士通株式会社入社。パーソナルマーケティング部門にて、同社パソコンの販売促進・広告宣伝業務に従事。
タッチおじさんのブランドマネジャーを基軸に各種販促策を企画し、実行の陣頭指揮を担当、同時にモバイルPCの開発プロジェクト「FMV-BIBLO LOOXシリーズ」の商品企画、ならびに販売戦略を企画し、成功へ導く。2000年、富士通最後の仕事として、直販サイト『富士通WEB MART』の立上げも兼務し、ネットビジネス創世記の1ページを拓く。

同年8月、株式会社リクルートに入社。ネットビジネスおけるアライアンス・プロモーション・PR・新技術開拓を担当、現在の同社ネットマーケティングの礎を築く。

2003年12月、同社在籍中、経済産業省主導の起業独立支援サービス「ドリームゲートプロジェクト」の主旨に賛同、設立に参加。日本全国を駆け回り、最高執行責任者(COO)として今日のベンチャーブームの火付け役を担う。

2004年5月、リクルートを退職しマーケティングコンサルタントとして独立。 ドリームゲートプロジェクトのCOOを担いながら、株式会社セプテーニをはじめとする様々なベンチャー企業のマーケティング戦略におけるコンサルティングを展開。2004年11月 ドリームゲートプロジェクトの運営を担うベンチャー企業、プロジェクトニッポンの取締役に就任。国家事業からの独立民営化を主導。成功に導く。

2007年5月、マーケティングを主事業とする株式会社ネクスゲートを設立し、代表取締役就任。同社はベンチャー企業と大企業を繋ぐビジネスマッチングプラットフォームメディア事業、日本を代表する大手企業のマーケティング支援を得意とした広告代理店事業などを手掛ける。

2014年、事業提携先の「NTTデータ社」と連携を強化しオープンイノベーションの重要性を掲げ、ベンチャー企業と大企業のコラボ―レートするイベント「豊洲の港」の共同運営を開始。

また同年、海外からは、3D技術のパイオニアである「DOOB 3D社」の日本法人の起ち上げならびに営業活動も支援し、日本という箱に囚われない新たな未来の構築に力を注ぐ。

2015年6月、日本のクリエイティブ力の引き上げを願い、各界のロールモデルになりうるトップリーダーや、事例の徹底取材を展開する「Business Time Line」を創刊。

おもしろいこと、挑戦することが成長の原点として考え、企業理念である『世界を豊かにする売れる仕組みを創る』のもとに、日本人ならではの心配り、きめ細やかさを追求したビジネスを展開すべく、明るく・元気に・前向きに、粉骨砕身・東奔西走な毎日を楽しむことを大切にしている。


更新日: