起「笑」転結だよ!筆記受験の皆さんへ

大手企業は、内定を出したようですね。

弊社はまさに新卒&中途採用まっただ中 :)
優秀な人材が多く弊社を志望して頂いており、嬉しい限りです!

新卒の皆さんには、現在ガリガリと筆記試験を受けて頂いております。
が、心得が足りないので老婆心ながら、指摘させて下さい。

1.字が汚い
別に習字をしているかどうかは問題ではありません。ESばっかりやっているからだめなんでしょうか。
文章中の文字は「まっすぐ」「同じ大きさ」「同じ間隔」で書く努力をして欲しいものです。綺麗な文字はその人の書面における第一印象を格段に引上げます。

2.最低限の文法を守る
句読点の量、ですます口調なのか、だろう口調なのか(笑)、統一して欲しい。
丁寧語を使っているのかなーって読んでいると、そのまま論文口調に変調笑、Outです。

3.常用漢字くらいは書いて欲しい
まさにパソコン世代なのかな...簡単な熟語がともかく「ひらがな」になっています。

4.ストーリーが欲しい
起承転結ってみんな知ってるよね...?
本当は、起「笑」転結がいいんだよ。つまり、4つの固まりにして、一つの固まりが20文字程度。つまり100文字以下で一つの文章が出来上がっていたら解りやすい。かつ、ドラマティックなほうがいいよね。

5.全体を見渡して問題や回答の状態を確かめる余裕の確保を!
前提として、全部の問題を見渡してどれからやるのか決める事。これが大事。時間配分を決めてね。受験でやってたでしょ?って思う...涙。
で、回答を書き始めるんだろうけど、終わってみて読む側の僕らとしては「なにがいいたいの?」って話も多い。ゴールを決めて、どうやってドリブルするのか?パスをするのか?という話と一緒ですが、向かうところをあたまで整理せずに書き始めている文章が多いっすね。
なんで、あとになればなるほど、字が小さくなったり...笑、酷いものは途中で終わっている...残念ですねぇ。

普通の大人にも言える事かもしれませんが、伝えることではなく、伝わる事が大切ですよ皆さん。
最後は「起笑転結」です!