【日本の弱み】米国と比較するとフォーマットづくりに鍵

フォーマット。

←これもいわゆるフォーマット。

フォーマット=ここではメディアの初期化ではなく、「世界で通用する形作り、インフラ作り、ルール作り」という視点で使っています。

先ほど…欧米諸国(特に米国)の強さはどこにあるんだろうと、少し思案しているところに 僕の敬愛する大手代理店の友人から電話が入って議論をしていたのですがなるほどと気づいたことがあります。ま、わかっている人には釈迦に説法ですが… :(

流通業界では、スーパーマーケット、カテゴリーキラー(ユニクロやフランフランみたいなもの)、コンビニ、マクドナルド…最近ではネット通販の巨艦アマゾン。

IT業界では、マイクロソフト(Windows)、Google、Overture、アップル(iPhone、iTunes)…。

エンターテイメント業界では、各種スポーツ競技のルール、オリンピック、ワールドカップ、ディズニーランド…など。


すべて日本が弱いかというと、そうではなくもちろん強いものがあります。たとえば、ファミコンやwiiを出したゲーム機器、こういった点では任天堂さんが強いですよね。あとはVHSやDVD、ブルーレイディスクなどをはじめとするメディアフォーマット。これまた強い。

しかし、前述のIT業界特にネット広告枠に関するフォーマットは、ことごとく米国に先を越されている感がたっぷりあります。シンプルに悔しい。なぜ日本では、世界を凌駕するフォーマットが立ち上がりにくくなっているのでしょうか。

クリックをお願いします

クリックをお願いします

発注先探しならネクスゲート